大津中消防署新庁舎の建設が始まる

スポンサーリンク
施設
スポンサーリンク

大津市役所の横にあった大津中消防署の建物が老朽化のため、移転、新築されます。

すでに2023年5月に起工式が開催されましたが、現在、本格的な工事が始まっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

移転場所はびわこボートレース場の駐車場の一部

移転場所は大津市皇子が丘三丁目のびわこボートレース場の駐車場のところ。(地図参照)

新庁舎は、鉄筋コンクリート3階建て、延べ床面積約2700平方メートル。総事業費は約21億1700万円。

庁舎の外壁には、山岳救助の訓練壁や高所への放水訓練ができる耐圧仕様の壁も設置、隊員の技術力向上に建物を最大限活用する構造となるようです。また市民向けに、水害体験の設備や初期消火訓練ができる模擬家屋も設けられるとのこと。

2024年9月末完成予定

工事は2024年9月末に完了し、早ければ同12月頃から運用を始める予定とのこと。

完成予想図が工事現場に掲示されていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
施設
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Biwa!massをフォローする
Biwa!mass
タイトルとURLをコピーしました