京阪大津京駅近くにある本格的珈琲焙煎店「猫とめがね焙煎所」に行ってきた

スポンサーリンク
食べる
スポンサーリンク

JR大津京駅と京阪大津京駅周辺には次々と新しいお店がオープンしています。

今回紹介する「猫とめがね焙煎所」も2022年春にオープンして1年しか経っていない新しいお店です。

筆者の近所で、何度もお店の前を通りつつ、1年後の今日、やっと訪問することができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

店内の様子

とてもコンパクトな店構えで、店内はキッチンスペースと5席のカウンタースペースしかありません。

キッチンスペースの棚にはコーヒー豆のビンが並んでいます。本格的珈琲店の雰囲気。

メニューは?

メニューは珈琲がメインですが、自家製マフィン(プレーン)、自家製マフィン(フルーツ・土日限定)、自家製レアチーズケーキ(土日限定)、自家製ベイクドチーズケーキ(土日限定)のスイーツもあります。

イートイン、テイクアウトどちらも可能ですが、イートインは5席しかないので、席がいっぱいの際はテイクアウトで隣の皇子が丘公園内で飲むのもいいですね。

筆者が訪問した際は席は誰もいなかったので、ラッキーだったです。今日は暑かったので、本日のコーヒーをアイスで頂きました。

目の前で豆を挽いて淹れてくれるので、その様子を眺めながら数分待ちました。焙煎される珈琲の心地よい香りが漂います。

出来立てのアイスコーヒーを口に含むと雑味のない珈琲の香りが鼻を抜けてきました。挽きたての珈琲は実に旨いです。

ネット販売もされています

アイスコーヒーをいただいている間に数名のお客様が来店。珈琲豆だけを購入する方もいます。

ネット販売もされているようです。オフシャルサイトから購入できます。

▼「猫とめがね焙煎所」オフシャルサイト

猫とめがね焙煎所
当店をご覧いただきありがとうございます。 大きな湖と自然豊かな滋賀県で自家焙煎をしています 『猫とめがね焙煎所 』です。 焙煎前と焙煎後に手作業で丁寧により分け、不良豆等を取り除く作業をし、よりクリアな味と新鮮な焙煎豆をお届けしております。...

お店の名前の由来

珈琲豆を購入されたお客様が、「猫とめがね焙煎所」の名前の由来を聞いておられました。

一緒に店を切り盛りされている女性(奥様?)が、4匹の猫を飼っていることと、メガネをかけた店主を合わせたネーミングと説明されていました。

SNSも開設されています

Twitter、Instagramも開設されています。最新情報はこちらでチェックしてください。

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

猫とめがね焙煎所.たッちゃん
カフェ
滋賀 / 大津 / 自家焙煎 / カフェ
2022年4月29日 滋賀県大津市山上町にOPEN❗
■ 営業日 月・水・木・金・土・日
■ 定休日 火・祝
■ 10:00〜18:00
■ 駐車 : 店舗前1台
.
お家で4匹の保護猫と暮らしてます🐱

Instagramより引用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Biwa!massをフォローする
Biwa!mass
タイトルとURLをコピーしました