今度は滋賀県ディスり?映画『翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜』

スポンサーリンク
観る
スポンサーリンク

東京と埼玉の対立をパロディ化して大ヒットしたコメディ映画『翔んで埼玉』の続編が’23年11月23日に劇場公開されます。そのタイトルが『翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜』。なんとサブタイトルに琵琶湖がついているのです。

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』特報/11月23日ROADSHOW
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関東圏から関西圏まで拡大

『翔んで埼玉』は、GACKTさんと二階堂ふみさんが主演の埼玉県と東京都の対立を描いたパロディ作品です。

埼玉県民は東京都民に差別され、通行税を払わなければならないという設定で、埼玉県の反乱軍と東京都の支配者との戦いが展開されます。見どころは、やはり埼玉県と東京都のステレオタイプを笑いに変えたユーモアです。埼玉県民は、派手なファッションや方言で描かれ、東京都民は、傲慢でエリート意識が強い人々として描かれます。両者の衝突は、時にシュールで時に過激で、観客を爆笑させました。

埼玉県と東京都という架空の対立を通して、現実の社会問題や偏見について考えさせられるというものです。埼玉県民と東京都民は、本当はどこが違うのか、どこが同じなのか、そして何が大切なのかを問いかけられます。この映画は、笑いだけではなく、感動や考察も呼び起こす作品でした。

続編となる『翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜』は舞台を関東圏から大阪を中心とした関西圏まで拡大し、京都、滋賀、和歌山など近隣府県の対立が描かれるようです。

滋賀県の貴公子役で杏さんの登場がアナウンスされました。

滋賀県出身俳優・タレントが多数出演

8月16日に登場キャラクター第二弾として、滋賀解放戦線員・近江美湖役に堀田真由さん、その兄である近江晴樹役にくっきー!(野性爆弾)、 滋賀解放戦線初代リーダー・滋賀のジャンヌダルク役に高橋メアリージュンさんの出演がアナウンスされました。

前作から主演されているGACKTさんも生まれは沖縄ですが、中学、高校時代は滋賀県在住とのこと。

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』キャラクター動画第2弾/11月23日ROADSHOW

予告映像第二弾には京都で舞妓に扮して暗躍する滋賀開放戦線メンバーの近江美湖を演じる堀田真由さんの映像が映し出されています。白塗りの化粧に太い眉、容姿でも京都の舞妓さんを茶化しているように見えますね。

滋賀県民のパロディ満載

滋賀県民がディスられた際に発する捨て台詞に「琵琶湖の水止めたろうか」が有名ですが、予告映像にも麻実麗を演じるGACKTさんが「琵琶湖の水を止める」と呟くシーンがあります。

ほかにも滋賀県民あるあるシーンがたくさん登場する模様です。

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』の劇場公開は11月23日(木)勤労感謝の日で祝日です。ぜひ劇場で関西圏および滋賀県をディスった本作をご鑑賞ください。

▼『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』オフシャルサイト

映画『翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜』公式サイト
全世界を席巻した<壮大な茶番劇>まさかの第Ⅱ章、開幕。今度は東西対決!関西の皆様 飛び火してすんまへん。埼玉の皆様 続編でもディスってゴメンなさい。11月23日(木・祝)ROADSHOW!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
観る
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Biwa!massをフォローする
Biwa!mass
タイトルとURLをコピーしました