’23年大津祭宵宮 天孫神社は人で溢れる

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク

2023年の大津祭は10月7日が宵宮、8日が本祭の曳山巡行です。

コロナ禍の規制が解かれた今年は4年振りに郭巨山も加わった13基すべての巡行となります。

大津祭の前の晩は宵宮。今年は7日が宵宮となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

天孫神社へ参拝に

筆者は昨年入手したちまきを返納するため、夜の帳が下りた午後7時過ぎ、天孫神社に参拝に出向きました。

天孫神社前の道筋は人でごった返していました。境内に入るのにも一苦労。まともに進めません。

参道脇の露店を横に見ながら、人の流れに沿って本殿までゆっくり進みます。

やっとの思いで本殿前に到着。ちまきを返納した後、長蛇の列の最後尾に付いて参拝の順番を待ちました。

神社前の露店スペースは人が一杯

露店は境内だけでなく、神社前の空地にもありました。境内に負けず劣らず人でごった返していました。露店も祭りの楽しみのひとつ。露店を楽しみに来ている人もいるでしょうね。

曳山には大勢の人だかり

各町内に曳山が停車しています。曳山の舞台から賑やかなお囃子が聴こえてきます。

来年の大河ドラマの主人公になる紫式部のからくり人形。

四年振りに郭巨山が参加となり13基の曳山が全基揃う

2020、21年とコロナ禍で中止されていた曳山巡行。2022年に3年振りに巡行されましたが、郭巨山かっきょやまのみ休止していました。

2023年は郭巨山かっきょやまも参加となり、四年振りに13基の曳山が全基揃いました。

郭巨山かっきょやま
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Biwa!massをフォローする
Biwa!mass
タイトルとURLをコピーしました